Ucuuu

DISC GUIDE

Mudanin Kata

David Darling & The Wulu Bunun

引用:BandCamp

その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

zmi

zmi

台湾の少数民族・ブヌン族の歌に、アメリカ人チェリスト・David Darlingがチェロをただ合わせたアルバム『Mudanin Kata』(2004 Riverboat Records/World Music Network)は、自分の作品やPiano Diaryに大きく影響を与えています。このアルバムをきっかけにレーベル・NATURE BLISSを知り、1st アルバム『ふうね』のデモを送ってリリースに繋がりました。

お祭りや五穀豊穣の祈りの時に歌われる歌も入ってるんですが、すごく素朴で、あたたかみのあるメロディーなんです。八部合音という声を重ねる歌い方で、大人も子供も、年齢も性別も関係なく民族のみんなが歌っていて。その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

この歌に感動して、実際にブヌン族の土地を訪れたことがあって。暮らしている人たちは本当に穏やかで、だからあたたかい歌が生まれたんだって腑に落ちましたね。歌の話をしたら人が集まってきて、沖縄で島唄をみんなで飲みながら歌うように歌ってくれて。そのくらい日常に溶け込んだ存在なんだなと感じました。

アルバムは、飛行機の中で聴くことが多い気がします。日本でも住む場所を転々としたり、今も海外に来たりで近しい人と離れて暮らす選択をしがちなんですが、この歌は家族や自分の好きな人たちを身近に感じさせてくれますね。雲の上から実際の陽の光も浴びながら、ふうっと落ち着いていきます。

アーティスト情報

David Darling

1941年3月3日生まれのアメリカ人チェリスト/作曲家。 映画音楽から現代音楽、ジャズやニューエイジなど様々なジャンルを横断する音楽家である。ウエスタン・ケンタッキー大学で教鞭をとった後、チェリストとしての活動を始める。1960年代には、ジャズにアフリカ、アジア、南米などの民族音楽的要素を初めて取り入れた革新的な音楽グループ、「ポール・ウィンター・コンソート」にて活動する。およそ10年間の活動の後、ジャズ、現代音楽の名門独ECMから「Cycles」(1981、ヤン・ガルバレク参加)や「Cello」(1992)、「Darkwood」(1993) などの傑作をリリース。自身がプロデュースした「Cello Blue」は2002年グラミー賞にノミネートされた。その傍らヴィムヴェンダース、マイケル・マン、ジャン=リュック・ゴダールらの映画作品に参加、近年更に評価が高まりつつある隠れた巨匠の一人である。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

  • bitter sweet

    sawako

    水面の揺らぎや木漏れ日のような、キラキラとした光のカケラを感じます。

    石松豊

  • Sigur Rós

    Ágætis byrjun

    Sigur Rós

    「音楽はもっと自由でいいんじゃないか」と思うきっかけとなった作品です。

    中屋祐輔

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • ARTIST 2

    2024.06.03

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    長年変わらない考え方や、カナダへ住んだことで変化した「音」についても伺った

  • REPORT 1

    2024.05.02

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    アート&アンビエントレーベル「TEINEI」が始動。立ち上げ背景について伺った

  • PROJECT 6

    2024.04.15

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    SDGs文脈でも注目を集めるプロジェクト。福祉領域が持つ課題に、音楽はどう向き合えるのか?

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.05.26

    Wataru Satoとmarucoporoporo、2マンツアー開催。8/18東京公演にChihei Hatakeyamaの追加出演決定

  • 2024.05.22

    七夕にチーズケーキと音楽を。白いベランダ出演のイベント『チーズケーキに願いを』7/7東京・経堂で開催

  • 2024.05.17

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第五弾『ウェイウェイゴールド』配信開始

  • 2024.05.16

    Tobias Wilden、5/31に新アルバム「A Path to Open Air II」リリース。東京、奈良でharuka nakamuraらと来日公演開催

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →