Ucuuu

NEWS

Japanolofi Records、Vライバー配信BGM募集企画発コンピ「Chilly Virtual Reality Vol.1」を3/20リリース

2024.03.16

Japanolofi Recordsによるコンピレーションアルバム「Chilly Virtual Reality Vol.1」が、2024年3月20日に配信リリースされる。

本作は、Japanolofi RecordsとVライバー×声優 事務所 enがSNS上で共同開催した楽曲募集企画をきっかけに制作された。

Vtuberアプリ「IRIAM」などで活動する6人のVライバーに、ビートメイカーがオリジナル楽曲を提供。配信BGMとして利用される

インドネシアのジャズピアニスト・Rhesa Siregarをはじめ、日本、韓国など様々な国籍のアーティストが参加している。

Japanolofi Records「Chilly Virtual Reality Vol.1」

リリース情報

■リリース日
2024年3月20日(水)

■収録曲
Kiik - SIXTY
Rhesa Siregar - Cyber Café Chill
Dj Nio - Vibora Park
Dpsht - Twinkle
K,O - 星ノカリモノ
jairo - Twilight Drive
HiruNeo - AMAGOI
Myk LO - Sunrays
GreasemasterH - Start
MYR - Hold On
OVER-Q - 暖冬
Leafy Sheep - Finding Ways
masimo_www - A Little Fairy Tale

■フォーマット
配信

プロフィール

Japanolofi Records

日本のローファイ・ヒップホップレーベル。2022年12月に設立。これまで国内外のアーティストによる200以上の楽曲をリリースしている。レーベル・ファウンダーは日本のトラックメーカーであるThirsrty Girl。A&Rは海外レーベルで多数の活動実績を誇る音楽プロデューサー、KOHEI YOSHIIおよびTAKESY。

合わせて読む

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →