Ucuuu

NEWS

まるやまたつや制作のボードゲーム”今プロ”専用BGM。第四弾『空気クリア』配信

2024.03.20

札幌のボードゲームメーカーClaGlaによる「ClaGla BoardGameMusic Project(ClaGla BGMプロジェクト)」から、新曲がリリースされた。

本プロジェクトでは、これまでにシリーズ累計25万部突破のボードゲーム『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。』専用のBGMを3曲リリース。

4曲目となる今回のテーマは『空気クリア』。「存在感がない」世界観を、空気のように自然に流れるギターの音色で表現している。

ボードゲームをしながらループで流せるように、尺は9:36と長め

作曲した まるやまたつや は「個人的にもアンビエントの楽曲は初めての制作だったので、実験的な制作作業がとても楽しかったですね。ゲームだけでなく、リラックスしたいときや瞑想など様々な場面で聴いてみて頂きたいです!」と語っている。

まるやまたつや

アーティスト「まるやまたつや」からも、より短い尺の楽曲verもリリースされている

楽曲は『今プロ』全6シリーズをテーマに、2ヶ月に1曲ずつリリースされる。次回5曲目は2024年5月にリリース予定。

リリース情報

ClaGla BoardGameMusic Project「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。─空気クリア─」

作曲:まるやまたつや

2024年3月16日(土)リリース
各種ストリーミングサービスにて配信・販売

プロフィール

まるやまたつや

北海道札幌市出身のギタリスト。1993年生まれ。13歳の頃にクラシックギターを始め、14歳からYouTubeへの動画投稿をきっかけに音楽活動を開始。フィンガースタイルギターを主軸としつつも、ゲーム音楽やエレクトロニック、EDM、J-POP等から影響を受けた独自の世界観で楽曲を制作している。2014年にはフィンガーピッキングコンテストの全国大会決勝にてオーディエンス賞を受賞。Instagramのフォロワーは10万人を超える。近年ではラジオ番組や舞台、映像作品などへの楽曲提供・制作など活動の幅を広げている。

合わせて読む

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →