Ucuuu

NEWS

スペインからSuso Saiz初来日。リスニング野外フェス『EACH STORY 2024』第一弾出演者発表。マヒトゥ・ザ・ピーZZZ、Chihei Hatakeyamaなど

2024.07.10

2024年10月5日(土)〜6日(日)に長野県・五光牧場オートキャンプ場で開催されるリスニング野外イベント『EACH STORY 〜THE CAMP〜 2024』の第一弾出演者が発表された。

海外組はいずれも初来日。スペインのポスト・ミニマル/アンビエントのレジェンド Suso Saiz、自身のバンドFloristとしても活躍するアンビエント・アーティスト Emily A. Sprague、西海岸モジュラー・シンセ・ウェイヴのムーヴメントを牽引する Cool Maritimeの出演が決定した。

Suso Saiz
Emily A. Sprague

国内からはGEZAN のフロントマン・マヒトゥ・ザ・ピーポー による別名義マヒトゥ・ザ・ピーZZZによるアンビエントセット、アンビエント作家Chihei Hatakeyamaの出演が決定。

マヒトゥ・ザ・ピーZZZ
Chihei Hatakeyama

ステージ前に広がる美しい池が特徴的な野外フェスティバル。チケットやアクセスの詳細情報は公式サイトからチェックしよう。

イベント情報

EACH STORY 〜THE CAMP〜2024

■日時
2024年10月5日(土)〜6日(日)
10月5日 11:00開場 〜 10月6日 18:30終演

■会場
五光牧場オートキャンプ場
長野県南佐久郡川上村樋沢1417

■料金
2日通し券 : 前売20,000円(前売)
1日券 ⼤⼈ 12,000円 (前売)

■出演者
<LIVE>
Chihei Hatakeyama
Cool Maritime < US >
Emily A.Sprague < US >
マヒトゥ・ザ・ピーZZZ  ( ambient set )
SUSO SAIZ < ES >
etc…

<DJ>
FACTA & K-LONE (wisdom teeth )  < UK >
Shhhhh
etc…

■主催
EACH STORY実⾏委員会

プロフィール

EACH STORY

美しいロケーションと心地よさを極めたサウンドデザイン。世界基準でオリジナルな世界観を持つアーティストたち。全国から集まったこだわりの出店者。空間を活かした日本で一番心地よく楽しめる野外リスニングフェスティバル。

舞台は、夜は満点の星が輝き、静けさに包まれる長野県野辺山高原。標高1350mの森の中に広がる、緑豊かな五光牧場キャンプ場です。目の前にそびえ立つ八ヶ岳の麓、白樺の森に囲まれた無農薬の芝生、清流の川。演奏する音楽家たちの姿は、ステージの前に広がる美しい池の水面に揺らめき、音楽と混ざり合う。この美しい場所で、五感全てを開き、日常を忘れ、心から安らぎと美しさを感じる、大人のための2日間の集いをお届けします。

空間・食・音楽・時間・人・そこに存在するものがそれぞれ主役で、その全てを通してそれぞれの物語が生まれる。良質な音楽に身を任せ、自然の音に耳を澄ませ丁寧に作られた物、感受性が豊かな人と出会い心からのやすらぎとたのしさ感じる。新しい価値観が芽生えるような大人のためのイベントです。

プロフィール

Suso Saiz

1957年スペイン南西部の港湾都市カディス生まれのギタリスト、作曲家、プロデューサー。スペインのニューエイジ/電子音楽のパイオニア。

アヴァンギャルドな音楽家、作曲家、プロデューサー。その音楽は、繊細なギターを駆使して想像力豊かな表現を生み出しており、独特の「催眠的」なサウンドが特徴的。その精力的な活動は、音楽だけでなく、造形芸術、演劇、映画、詩などの分野との相互関係を重視し、多岐にわたる。


これまでに20枚以上のアルバムをリリースしており、「Orquesta de las Nubes」「Suspended Memories」「Trash Of Dreams」の創設メンバーとしても知られる。

また100枚以上のレコードをプロデュースし、その一部としてJorge Reyes、Carles Santos、Steve Roach、Michael Brook、Diego Vasallo、Glen Velez、Stephan Micus、Jan Bang、Arve Henriksen、Guo Yue、Robert Rich、Hans-Joachim Roedelius、Wager Tiso、Salif Keita、Roger Wolfe、Gigi Masin、Suzanne Kraft、Christian Fennesz、Francisco López、Menhir、Rodrigo Leao、Michal Turtle、André Gonçalvesなど、数多くの著名なエレクトロニックおよびワールドミュージックのアーティストと共演およびコラボレーションを行っています。

プロフィール

Chihei Hatakeyama

1978 年生まれ。神奈川県出身。Chihei Hatakeyama としてソロ活動を行う。電子音楽ユニット Opitope、佐立努との Luis Nanook、ダブ・ロックバンド All The Frogs Are Our Weekend としても活動。独自の楽曲制作の他、映画などにも楽曲を提供。2006 年に Kranky よりファーストアルバムをリリースし、世界中から何重にもプロセッシングされた楽器音が構築する美しい音色が評価された。以後各国のレーベルから積極的に作品の発表を続けている。

合わせて読む

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.07.19

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第六弾『ダンディシルバー』配信開始

  • 2024.07.18

    冥丁、急病で延期した国内11都市ツアーの日程決定。初のオーディオ・ヴィジュアルセットも披露

  • 2024.07.18

    yuto oizumi、ダークアンビエントをギターで追求したシングル「kernel」7/18リリース

  • 2024.07.17

    Shelling、シューゲイザーサウンドな再結成後2曲目シングル「Light Like Ice」7/15配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 7

    2024.07.08

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    音を介して植物と人の関係性を”再読”する研究プロジェクト

  • ARTIST 3

    2024.06.17

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    アーティスト活動、広告音楽制作、SoundscapeDesignLabに共通する音への姿勢

  • ARTIST 2

    2024.06.03

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    長年変わらない考え方や、カナダへ住んだことで変化した「音」についても伺った

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Silencio

    Gidon Kremer & Kremerata Baltica

    大きな川が少しずつ大地を削りながら流れているような、雄大で美しい曲ですね。

    斉藤尋己

  • Mudanin Kata

    David Darling & The Wulu Bunun

    その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

    zmi

  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →