Ucuuu

NEWS

ルミネ新宿の屋上で、藤原さくら選曲「春のおでかけ」プレイリスト配布。3/31まで期間限定

2024.03.07

ルミネ新宿 ルミネ1の屋上にて、シンガーソングライター藤原さくらが選曲するSpotifyプレイリスト『藤原さくら for feel sunshine!』が無料配布される。期間は2024年3月7日から3月31日まで。

プレイリスト配布は、ルミネ新宿の春キャンペーン『feel sunshine!』で、来館者に屋上を開放することに合わせて実施される。プレイリストには、藤原さくらによる春のお出かけにぴったりな楽曲が26曲セレクトされている。

Spotifyプレイリスト『藤原さくら for feel sunshine!』のアートワーク

ルミネ1の屋上「エルテラス」では、プレイリストへ遷移できるQRコードが掲載された用紙が設置される。また期間中は、プレイリスト収録楽曲がBGMとして屋上で再生される。

春キャンペーンの期間中、ルミネ新宿の館内ではポスター、サイネージ、エレベーターなど様々な場所でプレイリスト配布の情報が告知されている。また、特設サイトにも選曲コメントなどが掲載される。

アーティストキャスティング、Spotifyプレイリスト制作と楽曲利用許諾、BGMサービス利用手続きなどはGerbera Music Agencyが担当した。

藤原さくら による選曲コメント

春にピッタリのおでかけしたくなる曲をいろいろと選曲しました。 自分自身、上京してきたのが春だったのですが、暖かくて心地よい気候とは裏腹に、不安になったり、さみしい気持ちになったり。そんな日も、外に出て好きな音楽を自分のサントラみたいに流しながらお買い物したら、なんだか新しくやっていけるような気分になるものです。みんなの生活にそっと寄り添えますように。

キャンペーン情報

ルミネ新宿『feel sunshine!』プレイリスト配布

■場所
ルミネ新宿 ルミネ1 屋上

■アクセス
ルミネ1-1F 猿田彦コーヒー横エレベーター直通

■期間
2024年3月7日〜3月31日

■時間
全日11:00〜16:00

■プレイリスト
Spotifyプレイリストで無料配布(QRコード読み取り)

プロフィール

藤原さくら

シンガーソングライター。福岡県出身。天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。24年4月からは自身初の東京NHKホール公演をはじめ全国5都市をまわるツアーを開催。4月3日(水)にはニューアルバム「wood mood」のリリースが決定している。

プロフィール

Gerbera Music Agency

Gerbera Music Agencyは音楽業界特化型のインターネット広告代理店として、Instagram広告やYouTube広告、TikTok広告を中心に、国内外のアーティストのファンベース強化や販売促進を目的とした広告キャンペーンの支援を行っています。また日本最大級のプレイリストメディア『Pluto』を運営するほか、Spotifyのブランドプレイリスト制作やポッドキャスト制作、楽曲制作、イベント制作など、ブランドと音楽の取り組みを支援しています。

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →