Ucuuu

NEWS

サイケデリックバンドHAPPY、スペーシーで瞑想的な新曲「A Pervasive Awareness」2/21リリース

2024.02.20

京都出身のサイケデリックバンド・HAPPYによる新曲「A Pervasive Awareness」が、2024年2月21日にリリースされる。

HAPPY

パーカッション、シンセサイザーによる宇宙的ワールドミュージックなアプローチと、聖歌を思わせるようなコーラスワークが響き渡る瞑想的な楽曲となっている。

ミキシングはメンバーのRicとAyumu Musha、マスタリングはアメリカ・ポートランドのTimothy Stollenwerk(Stereophonic Mastering)、アートワークはMasaho Anotaniが担当した。

リリース情報

HAPPY「A Pervasive Awareness」

■リリース日
2024.02.21

■収録曲
1. A Pervasive Awareness

■レーベル
SRONE FREE SOUNDS

■フォーマット
デジタルシングル

プロフィール

HAPPY

京都府綾部市出身、サイケデリックバンド。Alec(gt/vo) Ric(key/vo) Chew(gt) Syu(ba) Bob(dr/vo) からなる5人組。地元の学校で出会い、2012年に5人での活動を開始。ライブと自主制作CDが口コミで広がり、2013年にはSummer Sonicに出演、The Flaming Lips来日公演のサポートアクトを務めるなどその渦は拡大。レーベル・事務所・出版会社等多数のアプローチを受け2014年Warner Musicより1st アルバム「HELLO」をリリース。各局のパワープレイやヘビーローテーションに選ばれ、2015年のEP「To The Next」リリース時に次回作がメジャーデビューになると発表された。しかし方向性に疑問を持ったバンドは事務所との契約を解消。メジャーデビューを白紙にし、自主での活動を再開する。2017年のEP 「STONE FREE」、2019年の2nd アルバム「High Planet Cruise」をリリースすると国内外問わず多数のプレイリストに選曲され、再生数が急増。作品ごとに音楽性はよりサイケデリックに傾倒しつつ、キャッチーさを失わないそのセンスは独自性を増した。2020年のパンデミック禍にメンバー数人で神奈川県へ移住。自宅をスタジオにし、そこを拠点に制作を始めるとさらに実験性の奥行きと表現の幅は広がり、現在フェスやレイブ・イベント等ライブは以前にも増して大盛況。唯一無二の存在感を放っている。ライブでは主に orihasamado(sax/conga)を迎えた6人編成で活動中。既に多くの未発表の新曲やジャムセッションを演奏しており、自身らも関わるアートチーム「Paint Groove」のイベントではJesus Weekend と共に演奏する7人編成のエクスペリメンタルセットでライブを行った。その他2023年公開のサーフトリップムービー「Crossing Brides」サウンドトラック参加、全感覚祭へゲリラ出演し話題になった3時間に渡るロングジャムセッションなど、音楽的な実験と探究を軸に幅広く活動している。

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →