Ucuuu

NEWS

サイケデリックバンドHAPPY、スペーシーで瞑想的な新曲「A Pervasive Awareness」2/21リリース

2024.02.20

京都出身のサイケデリックバンド・HAPPYによる新曲「A Pervasive Awareness」が、2024年2月21日にリリースされる。

HAPPY

パーカッション、シンセサイザーによる宇宙的ワールドミュージックなアプローチと、聖歌を思わせるようなコーラスワークが響き渡る瞑想的な楽曲となっている。

ミキシングはメンバーのRicとAyumu Musha、マスタリングはアメリカ・ポートランドのTimothy Stollenwerk(Stereophonic Mastering)、アートワークはMasaho Anotaniが担当した。

リリース情報

HAPPY「A Pervasive Awareness」

■リリース日
2024.02.21

■収録曲
1. A Pervasive Awareness

■レーベル
SRONE FREE SOUNDS

■フォーマット
デジタルシングル

プロフィール

HAPPY

京都府綾部市出身、サイケデリックバンド。Alec(gt/vo) Ric(key/vo) Chew(gt) Syu(ba) Bob(dr/vo) からなる5人組。地元の学校で出会い、2012年に5人での活動を開始。ライブと自主制作CDが口コミで広がり、2013年にはSummer Sonicに出演、The Flaming Lips来日公演のサポートアクトを務めるなどその渦は拡大。レーベル・事務所・出版会社等多数のアプローチを受け2014年Warner Musicより1st アルバム「HELLO」をリリース。各局のパワープレイやヘビーローテーションに選ばれ、2015年のEP「To The Next」リリース時に次回作がメジャーデビューになると発表された。しかし方向性に疑問を持ったバンドは事務所との契約を解消。メジャーデビューを白紙にし、自主での活動を再開する。2017年のEP 「STONE FREE」、2019年の2nd アルバム「High Planet Cruise」をリリースすると国内外問わず多数のプレイリストに選曲され、再生数が急増。作品ごとに音楽性はよりサイケデリックに傾倒しつつ、キャッチーさを失わないそのセンスは独自性を増した。2020年のパンデミック禍にメンバー数人で神奈川県へ移住。自宅をスタジオにし、そこを拠点に制作を始めるとさらに実験性の奥行きと表現の幅は広がり、現在フェスやレイブ・イベント等ライブは以前にも増して大盛況。唯一無二の存在感を放っている。ライブでは主に orihasamado(sax/conga)を迎えた6人編成で活動中。既に多くの未発表の新曲やジャムセッションを演奏しており、自身らも関わるアートチーム「Paint Groove」のイベントではJesus Weekend と共に演奏する7人編成のエクスペリメンタルセットでライブを行った。その他2023年公開のサーフトリップムービー「Crossing Brides」サウンドトラック参加、全感覚祭へゲリラ出演し話題になった3時間に渡るロングジャムセッションなど、音楽的な実験と探究を軸に幅広く活動している。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.07.19

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第六弾『ダンディシルバー』配信開始

  • 2024.07.18

    冥丁、急病で延期した国内11都市ツアーの日程決定。初のオーディオ・ヴィジュアルセットも披露

  • 2024.07.18

    yuto oizumi、ダークアンビエントをギターで追求したシングル「kernel」7/18リリース

  • 2024.07.17

    Shelling、シューゲイザーサウンドな再結成後2曲目シングル「Light Like Ice」7/15配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 7

    2024.07.08

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    音を介して植物と人の関係性を”再読”する研究プロジェクト

  • ARTIST 3

    2024.06.17

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    アーティスト活動、広告音楽制作、SoundscapeDesignLabに共通する音への姿勢

  • ARTIST 2

    2024.06.03

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    長年変わらない考え方や、カナダへ住んだことで変化した「音」についても伺った

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Silencio

    Gidon Kremer & Kremerata Baltica

    大きな川が少しずつ大地を削りながら流れているような、雄大で美しい曲ですね。

    斉藤尋己

  • Mudanin Kata

    David Darling & The Wulu Bunun

    その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

    zmi

  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →