Ucuuu

NEWS

Kankyō Records、環境保全を目的にレコード『Music for Resorts』リリース。東京・二子玉川で5/24無料イベント開催

2024.05.14

環境音楽を専門に扱うレコードショップ・Kankyō Recordsは、地球環境保全を目的としたチャリティー・コンピレーション『Music for Resorts』を2024年5月25日(土)にリリースする。限定200枚生産。

本作は、2023年のハワイ・マウイ島山火事をきっかけに制作されたアルバム。美しかった景色や場所が失われていく現状に目を向け、自然災害の要因とも言える気候変動や有害廃棄物など、広義の環境問題を解決することを目的とし、販売利益はハワイ環境保全団体などに全額寄付される。

アルバムには日本のH.Takahashi、Yama Yukiをはじめ、アメリカ、イギリス、カナダを拠点に活動する10組の音楽家が参加。夕暮れや夜の波打ち際など、各楽曲から様々なリゾート風景が思い起こされる。マスタリングはChihei Hatakeyama。アートワークはグラフィックデザイナー・Yudai Osawaが担当した。

レコード制作はSide Bクリエーションズが担当。レコード素材は再生ビニールを使用したオレンジバイナル仕様で、ジャケットカバー、スリーブ、ラベルには環境に配慮した素材が採用されている。

左:V.A.「Music for Resorts」カバー画像(裏)、右:V.A.「Music for Resorts」盤面画像(A面)

また『Music for Resorts』のリリースイベントが、2024年5月24日(金)に東京・二子玉川の蔦屋家電にて開催される。レコード先行発売のほか、東京のポストニューエイジ作家・Jesus WeekendによるライブやYudai OsawaによるDJを無料で楽しめる。

リリース情報

V.A.「Music for Resorts」

■リリース日
2024年5月25日(土)

■収録曲
A1. Omni Gardens “Lotus Land”
A2. Loris S Sarid “No Password Tomorrow”
A3. Minyo Delivery Service “Shiki Kuduchi”
A4. Jesus Weekend “Traces of Paradise”
A5. Yama Yuki “Ordinary Detour”

B1. Tristan Arp “Shinkansen”
B2. Tokio Ono “Bird of Paradise”
B3. H.Takahashi “Promenade”
B4. Masahiro Takahashi feat. Joseph Shabason and Bram Gielen “Kirishima” B5. Yumi Iwaki “Seeds of Words”

イベント情報

“Music for Resorts” Release Event @ 蔦屋家電二子玉川

■日時
2024年5月24日(金)
15:00~18:00 (予定)

■場所
蔦屋家電二子玉川 2F「E-room」
東京都世田谷区玉川1丁目14-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター

■料金
無料

■出演
Live:Jesus Weekend
DJ:Yudai Osawa 他

■機材提供
ADAM Audio

プロフィール

Kankyō Records

住環境でのリスニングをテーマにアンビエントを中心としたレコード・CD・カセットテープを取り扱うレコード店。より良い環境でのリスニング体験というコンセプトのもと、食器などのホームウエアやインセンスなど空間を構成する雑貨も取り扱う。2023年からレーベルとしての活動を開始。エッセンシャルオイルとカセットテープのセット『SoundIncense』4種をリリース。

合わせて読む

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.05.26

    Wataru Satoとmarucoporoporo、2マンツアー開催。8/18東京公演にChihei Hatakeyamaの追加出演決定

  • 2024.05.22

    七夕にチーズケーキと音楽を。白いベランダ出演のイベント『チーズケーキに願いを』7/7東京・経堂で開催

  • 2024.05.17

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第五弾『ウェイウェイゴールド』配信開始

  • 2024.05.16

    Tobias Wilden、5/31に新アルバム「A Path to Open Air II」リリース。東京、奈良でharuka nakamuraらと来日公演開催

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • REPORT 1

    2024.05.02

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    アート&アンビエントレーベル「TEINEI」が始動。立ち上げ背景について伺った

  • PROJECT 6

    2024.04.15

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    SDGs文脈でも注目を集めるプロジェクト。福祉領域が持つ課題に、音楽はどう向き合えるのか?

  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

  • bitter sweet

    sawako

    水面の揺らぎや木漏れ日のような、キラキラとした光のカケラを感じます。

    石松豊

  • Sigur Rós

    Ágætis byrjun

    Sigur Rós

    「音楽はもっと自由でいいんじゃないか」と思うきっかけとなった作品です。

    中屋祐輔

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →