Ucuuu

NEWS

Wataru Satoとmarucoporoporo、2マンツアー開催。8/18東京公演にChihei Hatakeyamaの追加出演決定

2024.05.26

インストゥルメンタルバンド・Gecko&Tokage Paradeのリーダーであるピアニスト・Wataru Satoが、シンガーソングライター・marucoporoporoと2マンツアー『Shimmer×Conceiver the Sea Tour』を東名阪で開催する。

marucoporoporoは2024年5月にflauから1st アルバム『Conceive the Sea』をリリースしたばかりで、marucoporoporoにとっても初めての東名阪ツアーとなる。

Wataru Sato(左)、marucoporoporo(右)

『Shimmer』は、Wataru Satoとエンジニア勝山敬亮による共同企画シリーズ。ステージ出演者の他に「Ambient Act」によるパフォーマンスが行われ、イベント開演中はシームレスに演奏が繋がれる。

今回2024年8月18日(日)に東京・下北沢で行われる最終公演の「Floor Ambient Acts」として、既に決まっているHaruhisa Tanakaに追加でChihei Hatakeyamaの出演が決定した。

イベント情報

Wataru Sato×marucoporoporo Double Tour ~Shimmer×Conceive the Sea Tour~

~Shimmer×Conceive the Sea Tour in Kobe~ Supported by TOKIWAONGAKU

■日時
2024年6月22日(土)
Open / Start:18:00 / 18:30

■場所
神戸 space eauuu

■料金
自由料金制

■出演者
Stage Act:Wataru Sato / marucoporoporo
Floor Ambient Acts:Sleepland / Musika-nt

-

~Shimmer×Conceive the Sea Tour in Nagoya~

■日時
2024年6月23日(日)
Open / Start:14:00 / 14:30

■会場
名古屋 Casablanca(民藝雑貨店)

■料金
3,000円+1ドリンク

■出演者
Stage Act:Wataru Sato / marucoporoporo
Ambient Act:Sleepland

-

~Shimmer×Conceive the Sea Tour in Tokyo~

■日時
2024年8月18日(日)
Open / Start:17:00 / 17:30

■会場
東北沢 Half Moon Hall

■料金
3,500円

■出演者
Stage Act:Wataru Sato / marucoporoporo
Floor Ambient Acts:Haruhisa Tanaka / Chihei Hatakeyama

■調香
tuuro

--

■制作
Bookshop Inc.

■協力
TOKIWAONGAKU(Record Label based at space eauuu,Kobe city)

■Sound Engineer / PA
Takaaki Katsuyama

プロフィール

Wataru Sato

1990 年生まれ。神奈川県在住のピアニスト・作曲家。本名:佐藤 航
ピアノ・弦楽を基調としたポストクラシカルやエレクトロニカを精力的にリリースしており、国内外から高い評価を得ている。2023 年に音楽レーベル Bookshop Label を設立。2024 年 5 月には約 1 年ぶりとなる新作EP”Haze”をリリースした。また 2024 年にアイスランドのレーベル”INNI”と契約。2024 年より複数のリリースを行うことが決定している。また自身のバンド Gecko&Tokage Parade ではリーダーを務め、ジャパニーズジャズ界のアウトローと目されつつも精力的なリリース・ライブ活動を行う。そのほかアニメ"東京喰種"主題歌を担当し話題を浴びた高橋國光(ex.the cabs)のソロプロジェクト"österreich"や、ジャズ・シンガー”青木カレン"との共同プロジェクト"transparent project"に参加。アニメ”呪術廻戦”2 期の劇伴ではピアノ演奏を担当。多種多様な音楽ジャンルを横断する縦横無尽な活躍をみせる異色のピアニスト。

プロフィール

marucoporoporo

2018 年のデビュー以来、数年間の沈黙を経て、marucoporoporo のファーストアルバム『Conceive the Sea』がリリースされる。作詞作曲、録音からミキシングまで自身で手掛ける marucoporoporo は、2022 年、画家/映像作家タキナオの展示のための音楽を制作。このコラボレーションをきっかけとして自身のアルバムを完成させた。太古から続く生命の循環を基調のイメージとして、生命の源となる海水と胎児を育む羊水をめぐってアイデアを膨らませ、自身の存在を内省的に見つめた作品となっている。繊細にトリートメントされエレクトロニックな装飾をまとったやわらかくほのくらい音像は、ろうそくの炎を瞼のうらに感じるようにあたたかく、水の中をたゆたうようにゆらめく。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.05.22

    七夕にチーズケーキと音楽を。白いベランダ出演のイベント『チーズケーキに願いを』7/7東京・経堂で開催

  • 2024.05.17

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第五弾『ウェイウェイゴールド』配信開始

  • 2024.05.16

    Tobias Wilden、5/31に新アルバム「A Path to Open Air II」リリース。東京、奈良でharuka nakamuraらと来日公演開催

  • 2024.05.14

    Kankyō Records、環境保全を目的にレコード『Music for Resorts』リリース。東京・二子玉川で5/24無料イベント開催

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • ARTIST 2

    2024.06.03

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    長年変わらない考え方や、カナダへ住んだことで変化した「音」についても伺った

  • REPORT 1

    2024.05.02

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    アート&アンビエントレーベル「TEINEI」が始動。立ち上げ背景について伺った

  • PROJECT 6

    2024.04.15

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    SDGs文脈でも注目を集めるプロジェクト。福祉領域が持つ課題に、音楽はどう向き合えるのか?

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Mudanin Kata

    David Darling & The Wulu Bunun

    その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

    zmi

  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

  • bitter sweet

    sawako

    水面の揺らぎや木漏れ日のような、キラキラとした光のカケラを感じます。

    石松豊

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →