Ucuuu

NEWS

ピアニストYuka akatsu、即興演奏の1stアルバム「Botanic」リリース。3/16東京・尾山台Flussでソロコンサート決定

2024.02.15

ピアニスト・作曲家のYuka akatsuによる1st album「Botanic」が2024年2月14日に配信リリースされた。全ての楽曲が即興演奏で収録されている。CDはBASEにて購入可能。

植物の”いのち”が、巡りゆく季節の中で水、大地、光、風…とともに芽吹き、枯れ、循環していく様子をイメージしながら制作された作品となっている。

きらきらと水面のように
自由に跳ねてかろやかに光る音

音と音のあいだの余韻を感じながら
しずかなる大地のような音

そのときどきのいろいろな表情があって
うつりゆくものを
表現できたかなとおもっています⚪︎

Yuka akatsu(@aka__920) • Instagram写真と動画

またリリースを記念して、東京・尾山台Flussでのソロコンサートが決定。ピアノアトリエFlussは2024年5月に幕を下ろすことが発表されている。

リリース情報

Yuka akatsu「Botanic」

■リリース日
2024年2月14日 デジタル配信

■収録曲
1. mei
2. tane
3. sui
4. ame
5. tsuchi
6. hikari
7. kaze
8. ryoku
9. kou
10. Inori (2023 ver.)

■レーベル
DIAAA / Selective Records

■販売元
ユニバーサルミュージック合同会社

イベント情報

風にゆらぎ 光と芽吹く "Botanic" release concert

■日時
2024年3月16日(土)
18:30開場 19:00開演

■場所
Fluss
東京都世田谷区等々力2丁目1−14
尾山台駅より徒歩5分

■料金
前売り 3500円 当日 4000円 (自由席)

■出演
Yuka akatsu (piano solo)

プロフィール

Yuka akatsu

ピアニスト・作曲家。4歳からピアノをはじめ、自由に音を表現する喜びや、創作することに惹かれ、アーティスト活動を開始。自然や光の美しさ、旅をすること、日々の暮らしからインスピレーションを受け、作曲や即興で音を紡ぐ。2021年に「彩り- Irodori - 」「Twilight」「月が綺麗な夜に」の3作品をリリース。以降、日本各地での演奏活動をはじめ、「カモ井加工紙100周年記念映像」等の映像音楽制作や、アーティストの個展会場、飲食店等に流れるBGM制作を多数手がける。

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →