Ucuuu

ABOUT

Ucuuuについて

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。



アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなどの「穏やかな音楽」。

メジャーなメディアではあまり取り上げられないながらも、無意識の内に生活の中で”BGM”として出会っているかもしれません。



「穏やかな音楽」は、そのものが主体にならずとも、周囲の環境に溶け込み、聴き手に寄り添う存在です。

ゆったりとした優しい音色に癒されたり、歌がないことでじっくり集中できたり、刺激的なインスピレーションが湧いたり、自分と深い対話ができたり。

時には、いつも目に入ってなかった木漏れ日を見て綺麗だなと感じたりと、音楽によって僅かでも世界の見方が変化すると思います。

その延長線上には、誰かにちょっとだけ優しくできるような心を普段よりも長く保てるかもしれないし、もっと平和で健やかな世界になるかもしれない、と信じています。



『Ucuuu』は「穏やかな音楽」がもっと多くの人の生活風景に寄り添うように、その魅力を様々な視点で発信していきます。

穏やかな音楽の魅力は?

  • 社会をより良くする手法の一つとして、アンビエント的な考え方に未来を感じるんですよね。

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    READ MORE →
  • デザインをつくるときに、少しでもあたたかな想いが伝わるといいなと思っていて。穏やかな音楽を流すことで気持ちを整えたり、少し温度が上がったりと、音楽が力をくれている部分もあると思います。

    Paniyolo + 渡辺明応「空も少し」

    READ MORE →
  • BGMを聴くと、当時の楽しい体験を思い出したり、懐かしんだりできるんですよね。そういうのってすごく大切なことだなと思っていて、音楽が持つ機能というか魅力の一つだと思いますね。

    ボードゲーム”今プロ”専用BGMが誕生。音楽が拡張する「遊ぶ楽しさ」

    READ MORE →
  • 「暮らしと調和している音楽」でしょうか。歌詞やサビを身構えて聴く音楽ではないんです。家事や勉強をしながらプレイリストを流していいというか。

    日本のLoFiシーンはもっと輝く。Japanolofi Records代表ThirstyGirlが無名アーティストを支える理由

    READ MORE →
  • 例えば、無理しない。無理やり進めると、どうしても歪みが発生しますよね。資本主義的でないという意味でも、社会をより良くする手法の一つとして、アンビエント的な考え方に未来を感じるんですよね。

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    READ MORE →
  • 環境音楽というものは、車の音や足音、木が揺れる音など、聴く人の周囲で自然に流れている音を楽器でより豊かに表現しているものだと解釈していて。

    なぜ個人でも活動できる3人がmukmuk recordsを始めたのか。自然体な音楽を、自然体で続けるために

    READ MORE →

CONTENTS

メディアの楽しみ方

  • MAGAZINE

    穏やかな音楽の魅力を、様々な人の視点から発信しています。

    ・ARTIST:アーティストへのインタビュー記事。作品や活動、また個性や思想について伺っています。
    ・PROJECT:音楽イベントやレーベル、企業や行政の活動など、音楽と社会の新しい接点を生み出すプロジェクトについて取材しています。
    ・PEOPLE:イベンターや会場運営者など、音楽を支える人々の声を発信しています。
    ・COLUMN:様々な書き手のもと、音楽に関わるコラムを発信しています。

    VIEW MORE →
  • DISC GUIDE

    様々な人が、おすすめの穏やかな音楽について紹介しています。
    どういう時に聴きたいか、どういう気持ちになるか、などタグから検索することも可能です。

    VIEW MORE →
  • NEWS

    アーティストの新譜リリースやライブイベント情報、また企業・行政による音楽プロジェクト情報など、穏やかな音楽に関するニュースを発信しています。

    VIEW MORE →