Ucuuu

DISC GUIDE

空も少し

Paniyolo + 渡辺明応

引用:

スティールパンの音が好きなんですよね。すごく光を感じる音というか。光を音にしたら、あんな音がするんじゃないかな。

水色デザイン

水色デザイン

「穏やかな音楽」をより意識するようになったのは、Paniyoloさんとの出会いが大きいですね。どのアルバムも好きですが、『空も少し』(2019 Schole Records)は、リリース記念イベントで映像演出を担当したこともあり、特に思い入れがあります。

『空も少し』は、ナイロン弦の柔らかなギターを奏でるPaniyoloさんと、スティールパン奏者の渡辺明応さんによるダブルネーム・アルバム。版画家の平岡瞳さんによるアートワークも素敵です。

あと単純に、スティールパンの音が好きなんですよね。すごく光を感じる音というか。光を音にしたら、あんな音がするんじゃないかな。貧しく楽器がなかった中で、ドラム缶を叩いて生まれたスティールパン。逆境の中で美しい音をつくり出してきた歴史的背景にも惹かれます。

聴くときは、PCに向かって仕事をしている時が多いですね。急ぐ必要があるときも、ゆっくりした音楽が流れてる方が気持ちが柔らかくなる気がします。

最近は、障がいのある方を芸術を通してサポートするNPOや地域の劇団からのデザイン依頼が増えているのですが、そういうデザインをつくるときに、少しでもあたたかな想いが伝わるといいなと思っていて。穏やかな音楽を流すことで気持ちを整えたり、少し温度が上がったりと、音楽が力をくれている部分もあると思います。

アーティスト情報

Paniyolo

ギタリスト高坂宗輝のソロプロジェクト。82年福島県出身。2006年12月、下北沢でのライブからPaniyoloの活動を開始。音楽レーベルSCHOLE(スコーレ)からギターアルバムをいくつか発表している。主な作品は、中村大史(tricolor, John John Festival)をゲストギタリストに迎えた 「たまのこと」。スティールパン奏者、渡辺明応(WAIWAI STEEL BAND)との「空も少し」。 Cantusの太田美帆との「空と花」など。他にも、配信作品を多数発表。音と音の「間」を大切にしながら演奏しています。

アーティスト情報

渡辺明応

スティールパン、ギター・ウクレレなどマルチ弦楽器奏者。2009年、WAIWAI STEEL BANDに加入。 スティールパン発祥地トリニダード・トバゴへ2017年に渡航。初のソロアルバム『in my room』を2018年5月に発表。ギタリストのPaniyoloとのデュオアルバム『空も少し』を2019年10月にリリース。共同制作も積極的に行っており、n’sawa-saracaとのLo-Fi Projectでは、Lo-Fiビートにキーボードとスティールパンを融合させ、独自の世界を作り上げている。明るい人柄と柔らかい音楽性を所望する声も多く、楽曲制作やライブサポートにも尽力を惜しまない一面を持つ。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Silencio

    Gidon Kremer & Kremerata Baltica

    大きな川が少しずつ大地を削りながら流れているような、雄大で美しい曲ですね。

    斉藤尋己

  • Mudanin Kata

    David Darling & The Wulu Bunun

    その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

    zmi

  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 7

    2024.07.08

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    音を介して植物と人の関係性を”再読”する研究プロジェクト

  • ARTIST 3

    2024.06.17

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    アーティスト活動、広告音楽制作、SoundscapeDesignLabに共通する音への姿勢

  • ARTIST 2

    2024.06.03

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    長年変わらない考え方や、カナダへ住んだことで変化した「音」についても伺った

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.07.19

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第六弾『ダンディシルバー』配信開始

  • 2024.07.18

    冥丁、急病で延期した国内11都市ツアーの日程決定。初のオーディオ・ヴィジュアルセットも披露

  • 2024.07.18

    yuto oizumi、ダークアンビエントをギターで追求したシングル「kernel」7/18リリース

  • 2024.07.17

    Shelling、シューゲイザーサウンドな再結成後2曲目シングル「Light Like Ice」7/15配信リリース

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →