Ucuuu

NEWS

Janis Crunch 12年ぶりアルバム「xaoc」配信リリース。根本理恵やARAKI Shinも参加

2024.01.13

ピアニスト・シンガーソングライターのJanis Crunchによる、12年振り2枚目のオリジナルソロ&フルアルバム「xaoc」が2024年1月12日に配信リリース。合わせてオフィシャルサイトや公式 SNSも開設された。

レコーディングには根本理恵やARAKI Shinなどのメンバーが参加。春以降には、数量限定でのフィジカル(CD、LP)販売や、レコーディングメンバーを含めたリリースライブも予定されている。

2022年設立のレーベルYUUIからリリースされた最初のアルバムとなった。

リリース情報

Janis Crunch「xaoc」

■収録曲
1. Requiem (Dear My Grandma)
2. 悲しき狼のワルツ
3. きらきらブルー
4. melancholic magic
5. POISON APPLES
6. Mass in E
7. Time won't come back
8. エターナル M
9. ほんの少しの
10. The last song
11. The Lullaby of Itsuki

■収録・制作メンバー
Janis Crunch : Vocal, Piano

・根本理恵ストリングス
根本理恵 : 1st Violin
銘苅麻野 : 2nd Violin
角谷奈緒子 : Viola
吉良 都 : Cello

ARAKI Shin : Sax & Effects Pedals , Flute , Alto Flute , Horn-Arrangement
千葉広樹 : Contrabass , Sound produce , Sound-Arrangement
福岡功訓(Flysound): Sound engineering
立石 郁(YUUI Inc.): Production & Management
岩瀬ゆか : Jacket Artwork
小野田陽一 (SEEHOOT) : Photography
秋月庸介 : Hair & Make-up
町田宗弘(NSSG) : Design

プロフィール

Janis Crunch

熊本県菊池市生まれ。幼少期の頃、地元の童謡祭で入賞したことをきっかけに歌を志し、小学生の頃からイタリア歌曲、ピアノを学ぶ。
音楽大学在学中からほぼ独学で作曲し、合唱曲の編曲や自身の作曲活動を始める。
2011年に1st full & solo album「I just love the piano」を、Collaboration Album「12 & 1 SONG」(w /haruka nakamura)をリリース。
いずれも高い評価を受け、現在に至るまでさまざまなブランドや作家とのコラボレートを行う。

2024年1月に、12年振りとなる2nd full album「xaoc(読み:ザオック)」を配信リリース。
ほか、コンピレーションアルバムへの楽曲提供や、ゲストボーカルとしても参加多数。

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →