Ucuuu

DISC GUIDE

Ágætis byrjun

Sigur Rós

Sigur Rós

引用:HP

「音楽はもっと自由でいいんじゃないか」と思うきっかけとなった作品です。

中屋祐輔

中屋祐輔

Sigur Rós(シガー・ロス)の日本デビュー作であり、世界中に名前が知られるようになったアルバム『Ágætis byrjun(アゲイティス・ビリュン)』(1999 KRUNK)をおすすめします。僕が「音楽はもっと自由でいいんじゃないか」と思うきっかけとなった作品です。

シガー・ロスについて、アンビエントやポストロック、シューゲイザー的な音作りで語られることも多いですが、一番の魅力は自分たちで造語を作って歌っていることだと思うんですよ。アイスランドのバンドなんですけど、意味がありそうでない言葉で歌っていて面白いんです。母国語や英語で歌った方が、色んな人に聴いてもらえるし売れると思うんですけど、造語でも世界で聴かれているというのはすごいですよね。

リードボーカルのヨンシーが「僕たちは永遠に音楽を変え、人々の音楽についての考え方も変える。できないと思われても、必ず変えてみせる」と1999年に言っていて。あんなに優しい音楽を作るのに、力強いメッセージを持っていることに驚いたんです。“やさしい革命”という言葉もありますが「何気なく心地いいなって思って聴いていたらシガー・ロスだった」みたいな、じわじわ社会に浸透していくような世界観にも惹かれていますね。

アルバムは寝る時によく聴いていました。聴いてると、だんだん吸い込まれるような感じがしますね。

アーティスト情報

Sigur Rós

1994年、アイスランド・レイキャヴィクで結成されたポスト・ロック・バンド。現在のメンバーはヨンシー・ビルギッソン、キャータン・スヴヴィーンソン、ゲオルグ・ホルムの3名。バンド名はヨンシーの妹の名前が由来で、"勝利の薔薇"という意味。日本デビュー作となる2ndアルバム『Ágætis byrjun』で世界的な成功を収める。2002年の『( )』はグラミー賞ノミネート、2008年の『Með suð í eyrum við spilum endalaust(邦題:残響)』はバンド史上最高チャートを記録するなど、リスナーはもちろん、アーティストからも絶大な支持を得ている。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

  • bitter sweet

    sawako

    水面の揺らぎや木漏れ日のような、キラキラとした光のカケラを感じます。

    石松豊

  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • REPORT 1

    2024.05.02

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    アート&アンビエントレーベル「TEINEI」が始動。立ち上げ背景について伺った

  • PROJECT 6

    2024.04.15

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    SDGs文脈でも注目を集めるプロジェクト。福祉領域が持つ課題に、音楽はどう向き合えるのか?

  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.05.26

    Wataru Satoとmarucoporoporo、2マンツアー開催。8/18東京公演にChihei Hatakeyamaの追加出演決定

  • 2024.05.22

    七夕にチーズケーキと音楽を。白いベランダ出演のイベント『チーズケーキに願いを』7/7東京・経堂で開催

  • 2024.05.17

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第五弾『ウェイウェイゴールド』配信開始

  • 2024.05.16

    Tobias Wilden、5/31に新アルバム「A Path to Open Air II」リリース。東京、奈良でharuka nakamuraらと来日公演開催

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →