Ucuuu

NEWS

Paniyolo+渡辺明応、Makoto Okazakiらが出演。5/4-5 東京・狛江で『珈琲参道2024』開催

2024.04.24

2024年5月4日(土)・5日(日)に、東京・狛江市の雲松山 泉龍寺にて『珈琲参道2024』が開催される。

「珈琲参道」は、今回で5回目の開催となるフェスティバルイベント。お寺の境内でコーヒーを味わえるほか、心地よい音楽ライブ、美味しいグルメ、個性溢れるマーケットなどを楽しめる。

音楽ライブでは、5/4にPaniyolo+渡辺明応、5/5にMakoto Okazakiらが出演する。

Paniyolo+渡辺明応

その他、詳しい出店や出演者は、公式サイトからご確認ください。

狛江・珈琲参道2023 Aftermovie

イベント情報

狛江 珈琲参道2024

■日時
2024年5月4日(土)・5日(日)
10:00〜17:00(最終入場16:00) ※雨天中止

■場所
雲松山 泉龍寺
東京都狛江市元和泉1丁目6−1
小田急線狛江駅北口下車徒歩1分​

■音楽 - 出演
・5月4日
11:30:Paniyolo + 渡辺明応
12:30:茶和アヤカ
13:30:手がクリームパン
14:30:門脇更沙
15:30:UEBO

・5月5日
11:30:Best gigi
12:30:Makoto Okazaki
13:30:豪起
14:30:Kaco
15:30:広沢タダシ

■料金
700円(税込)

・前売チケット
(入場時間自由 / 前売特典ステッカー付 )
販売方法:電子チケット(PassMarketで販売中)

・当日チケット
(入場時間指定:午前入場10:00- / 午後入場13:00- )
販売方法:会場受付にて現金払い

※中学生未満、障がい者介助者は入場無料​
※再入場可能

■主催
comaecolor

■協力
雲松山 泉龍寺
狛江弁財天池特別緑地保全地区市民の会

プロフィール

Paniyolo

ギタリスト高坂宗輝のソロプロジェクト。82年福島県出身。2006年12月、下北沢でのライブからPaniyoloの活動を開始。音楽レーベルSCHOLE(スコーレ)からギターアルバムをいくつか発表している。主な作品は、中村大史(tricolor, John John Festival)をゲストギタリストに迎えた 「たまのこと」。スティールパン奏者、渡辺明応(WAIWAI STEEL BAND)との「空も少し」。 Cantusの太田美帆との「空と花」など。他にも、配信作品を多数発表。音と音の「間」を大切にしながら演奏しています。

プロフィール

渡辺明応

スティールパン、ギター・ウクレレなどマルチ弦楽器奏者。2009年、WAIWAI STEEL BANDに加入。 スティールパン発祥地トリニダード・トバゴへ2017年に渡航。初のソロアルバム『in my room』を2018年5月に発表。ギタリストのPaniyoloとのデュオアルバム『空も少し』を2019年10月にリリース。共同制作も積極的に行っており、n’sawa-saracaとのLo-Fi Projectでは、Lo-Fiビートにキーボードとスティールパンを融合させ、独自の世界を作り上げている。明るい人柄と柔らかい音楽性を所望する声も多く、楽曲制作やライブサポートにも尽力を惜しまない一面を持つ。

合わせて読む

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.05.26

    Wataru Satoとmarucoporoporo、2マンツアー開催。8/18東京公演にChihei Hatakeyamaの追加出演決定

  • 2024.05.22

    七夕にチーズケーキと音楽を。白いベランダ出演のイベント『チーズケーキに願いを』7/7東京・経堂で開催

  • 2024.05.17

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第五弾『ウェイウェイゴールド』配信開始

  • 2024.05.16

    Tobias Wilden、5/31に新アルバム「A Path to Open Air II」リリース。東京、奈良でharuka nakamuraらと来日公演開催

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • REPORT 1

    2024.05.02

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    アート&アンビエントレーベル「TEINEI」が始動。立ち上げ背景について伺った

  • PROJECT 6

    2024.04.15

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    SDGs文脈でも注目を集めるプロジェクト。福祉領域が持つ課題に、音楽はどう向き合えるのか?

  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

  • bitter sweet

    sawako

    水面の揺らぎや木漏れ日のような、キラキラとした光のカケラを感じます。

    石松豊

  • Sigur Rós

    Ágætis byrjun

    Sigur Rós

    「音楽はもっと自由でいいんじゃないか」と思うきっかけとなった作品です。

    中屋祐輔

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →