Ucuuu

DISC GUIDE

Chill Coast

New Peace Music

引用:Bandcamp

チルっていうよりかは、例えば通勤とか通学に合うような、割とエネルギッシュな曲が多いですね。

ThirstyGirl

ThirstyGirl

友人であるスペインのビートメイカーKiabitsが、New Peace Musicというレーベルを運営していて。そこから今年リリースされたコンピレーションアルバム『Chill Coast』(2023 New Peace Music)をおすすめします

Lo-Fi HipHop系のアルバムなのですが、日本人ビートメイカーも参加していて、実力派が揃っているんですよね。完成度の高いアルバムだと思います。

アップテンポな曲が多く、自分の好きな曲調が集まってるんです。RolandのSPシリーズなど、ハード機材で構築したようなビートが揃っていて。

チルっていうよりかは、例えば通勤とか通学に合うような、割とエネルギッシュな曲が多いですね。家でまったり聴くよりかは、動いてる時に合うイメージです。

アーティスト情報

New Peace Music

ビートメーカーKiabitsが立ち上げた、スペインを拠点とするレコードレーベル。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Silencio

    Gidon Kremer & Kremerata Baltica

    大きな川が少しずつ大地を削りながら流れているような、雄大で美しい曲ですね。

    斉藤尋己

  • Mudanin Kata

    David Darling & The Wulu Bunun

    その声が本当に素朴で、陽の光を浴びているような感覚になるというか。

    zmi

  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 7

    2024.07.08

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    植物園でサウンドインスタレーション。東京大学 memu earth labが伝えたい「小さな音を聴く」意味

    音を介して植物と人の関係性を”再読”する研究プロジェクト

  • ARTIST 3

    2024.06.17

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    斉藤尋己が探求する、情景のための音楽。「個性あるサウンドスケープ」をデザインする思考とは

    アーティスト活動、広告音楽制作、SoundscapeDesignLabに共通する音への姿勢

  • ARTIST 2

    2024.06.03

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    zmiの「Piano Diary」が世界中から共感を生む理由。何でもない日に綴る、自分のための音日記

    長年変わらない考え方や、カナダへ住んだことで変化した「音」についても伺った

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.07.19

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第六弾『ダンディシルバー』配信開始

  • 2024.07.18

    冥丁、急病で延期した国内11都市ツアーの日程決定。初のオーディオ・ヴィジュアルセットも披露

  • 2024.07.18

    yuto oizumi、ダークアンビエントをギターで追求したシングル「kernel」7/18リリース

  • 2024.07.17

    Shelling、シューゲイザーサウンドな再結成後2曲目シングル「Light Like Ice」7/15配信リリース

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →