Ucuuu

DISC GUIDE

Outer Wilds

Andrew Prahlow

サントラを聴くと、宇宙を旅しているときの気持ちや感動を思い出してグッとくるというか、とても癒されますね。

こだまじゅんじろう

こだまじゅんじろう

大好きなゲームのサントラ『Outer Wilds (Original Soundtrack)』(2019 Annapurna Interactive)をおすすめします。アメリカ発のデジタルゲームですね。

僕は宇宙が好きなんですが、『Outer Wilds』は最も宇宙を感じるゲームで。それはもう広大な宇宙を旅できるんですよ。22分後に太陽系が爆発してスタート地点にタイムリープするので、何度も何十時間も冒険を繰り返していくんです。

いわば謎解きSFアドベンチャーゲームなんですけど、壮大で深いゲームで。特に説明や指示もなく、広い宇宙で何をしてもいい。すごく自由なんです。その中で情報を集めていくと、少しずつ世界の謎が分かってきて、最後は「うわこれやべえ」と。ゲームをクリアして初めて涙がこぼれ落ちました。

サントラにはバンジョーの音で同じメロディが何度も使われていて、けっこうロマンチックなんですよ。なかでも2曲目のメインテーマは、ゲームプロジェクト開始時に録音した音に完成時また別の音を重ねていて、7年の時を経た楽曲だそうです。すごいですよね。

ゲームの宇宙空間では、音がなく呼吸音しか聴こえない場面もあって、リラックスできるんですよね。サントラを聴くと、宇宙を旅しているときの気持ちや感動を思い出してグッとくるというか、とても癒されますね。

アーティスト情報

Andrew Prahlow

ロサンゼルスを拠点とする作曲家。その音楽は室内アンサンブルのミニマリズムを中心とした力強く感情に訴えるサウンドスケープに焦点を当てており、聴き手に懐かしいノスタルジックな感覚を生み出す。2019 年『Outer Wilds』サウンドトラックは、最優秀オリジナルスコア部門で 4 部門 (BAFTA, SXSW, Golden Joystick Awards, Jerry Goldsmith Awards) にノミネートされ、GANG 部門で 2 部門 (Best Indie Game Music and Best Interactive Score) にノミネートされ、さらに 2 つの最優秀ゲームミュージック賞 (Giant Bomb and OnlySinglePlayer Awards) を受賞しました。

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →