Ucuuu

NEWS

マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

2024.04.11

福岡出身でマカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushimaが、ミニアルバム「Boy 1 EP」をマレーシアのレーベル・mü-nestから2024年3月27日に配信リリースした。

Akitsugu Fukushima

Aimerやyamaの楽曲から香港映画の音楽制作まで、国際的な活動を行うAkitsugu Fukushima。ドリーミーなエレクトロニック・ビートとなった今作では、少年が大人になるまでに経験する青春の胸の高鳴りを思い描いている。

マスタリングはKASHIWA Daisukeが担当。アートワークはマカオ在住のアーティストXiao Yuが描いた。

リリース情報

Akitsugu Fukushima 『Boy 1 EP』

■リリース日
2024年3月27日(水)

■フォーマット
配信

■収録曲
1. Hero
2. Asobi
3. Kioku
4. Suimen

■レーベル
mü-nest

プロフィール

Akitsugu Fukushima

福岡県久留米市出身、現在はマカオに在住する日本人作曲家、音楽家、サウンドデザイナー。幼少期に家族の影響により様々な音楽に触れ、独学でギターと作曲を学ぶ。

2013 年よりマカオへ渡り、現地の様々な音楽家、芸術家、映画監督とコラボレーションを行い、ポップ音楽の作曲編曲から舞台や映画の劇伴制作、またサウンドインストレーションの展示まで、多岐に渡る音楽活動を継続的に続けている。人々の記憶の中にある情景を呼び起こさせる様なエモーショナルな楽曲を得意とし、その音楽スタイルはÓlafur ArnaldsやNils Frahmのようなポストクラシカルから、Porter Robinsonのような電子ポップまで包括している。また、自身のポップミュージックのバックグランドより、どの楽曲においても美しいメロディーを奏でることをテーマにしている。

主な作品として、2019年マカオアートフェスティバルのプログラム《Wonder.Land》のサウンドデザイン、2021年に公開された澳門と香港との合作長編映画《馬達蓮娜 MADALENA》の劇伴がある。また日本のポップス音楽シーンでも活動しており、aimerの《overdrive》の作曲、yamaの《存在証明》の作詞作曲、さらにむトの《愛故》(百千さん家のあやかし王子エンディングソング)、krageの《春想》(天官賜福貮エンディングソング)など、複数のTVアニメ作品のテーマソングの作編曲も手掛けている。

2016年にマカオのレーベル"4daz-le records"から自身初のEP《Monologue》をリリースし、ソロアーティストとしての活動を始める。2019年にマレーシアのレーベル”mü-nest"から発表した韓国の電子音楽家”Dae kim”の為のリミックストラック《Ethereal Cosmos (feat. Iat U Hong)[Akitsugu Fukushima Remix]》は、その年の台湾で最も権威ある映画祭《金馬奨 (Golden Horse Awards)》の広告映像に使われる。

世界観にこだわったオリジナルBGMを作りたい企業・ブランドへ。Ucuuuがアーティストと共に楽曲制作します

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.05.26

    Wataru Satoとmarucoporoporo、2マンツアー開催。8/18東京公演にChihei Hatakeyamaの追加出演決定

  • 2024.05.22

    七夕にチーズケーキと音楽を。白いベランダ出演のイベント『チーズケーキに願いを』7/7東京・経堂で開催

  • 2024.05.17

    まるやまたつや、ボードゲーム"今プロ"専用BGMを制作。第五弾『ウェイウェイゴールド』配信開始

  • 2024.05.16

    Tobias Wilden、5/31に新アルバム「A Path to Open Air II」リリース。東京、奈良でharuka nakamuraらと来日公演開催

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • REPORT 1

    2024.05.02

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    コロナ禍で進化した「アンビエントの強度」。Tomotsugu Nakamura、Haruhisa TanakaらがDOMMUNEで語る

    アート&アンビエントレーベル「TEINEI」が始動。立ち上げ背景について伺った

  • PROJECT 6

    2024.04.15

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    福祉作業所の生活音を楽曲に。セタオーレーベルが世田谷区から広げる、「音楽を聴く」社会支援の形

    SDGs文脈でも注目を集めるプロジェクト。福祉領域が持つ課題に、音楽はどう向き合えるのか?

  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • Between No Things

    Suso Saiz & Suzanne Kraft

    「音楽に対して自然体でいること」の重要性を伝えてくれているように感じます。

    Tomotsugu Nakamura

  • When

    Vincent Gallo

    楽器も歌も、音のすべてが繊細で、手触り感があるんです。

    Haruhisa Tanaka

  • bitter sweet

    sawako

    水面の揺らぎや木漏れ日のような、キラキラとした光のカケラを感じます。

    石松豊

  • Sigur Rós

    Ágætis byrjun

    Sigur Rós

    「音楽はもっと自由でいいんじゃないか」と思うきっかけとなった作品です。

    中屋祐輔

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →