Ucuuu

NEWS

[.que]出演のプラネタリウムライブ『星空ごこち2024』7年目は3/3(日)に開催

2024.01.05

新宿コズミックセンターの8Fプラネタリウムにて、『星空ごこち 2024 プラネタリウムライブ』の開催が決定。2024年3月3日(日)の昼公演となる。

2019年の『星空ごこち』の様子(撮影:中島未来)

本イベントはorange plus musicが企画するプラネタリウムライブで、7年続けての開催となる。新宿の小さなプラネタリウムで、満点の星空の下、穏やかな音楽に包まれる時間を過ごすことができる。音響は大場傑(​​no.9 orchestra)、フライヤーデザインは菅野友美が担当。

今回は2019年、2021年と過去2回『星空ごこち』に出演している[.que]のワンマン公演として開催。過去2回と比べると、最長の演奏時間が予定されている。2023年12月に開催された自由学園明日館 講堂でのワンマンライブでもorange plus musicが運営協力していたが、それに続いてのワンマン公演となる。

[.que] TOUR 2023 SOMEWHERE 東京公演 TOUR FINAL at 自由学園明日館 講堂(撮影:佐野和樹)

会場は一年を通して様々なプラネタリウムライブが行われる新宿コズミックセンター。星座や恒星など、楽曲に合わせてプラネタリウムの演出を行う。ライブの途中にスタッフによる星空解説も行われる。

定員は130名。申込みは特設Webサイトから行うことができ、2/2(金)締切で抽選となる。

イベント情報

星空ごこち 2024 プラネタリウムライブ

■日程
2024年3月3日(日)

■時間
13:30 開場 / 14:00開演

■出演
[.que]

■料金
¥1,600(事前支払い)

■定員
130名(多数抽選・参加申込は2/2金まで)

■会場
新宿コズミックセンター 8F プラネタリウム

■主催
公益財団法人新宿未来創造財団

■企画
orange plus music

プロフィール

[.que]

徳島県出身湘南在住。幼少期よりギターを独学で学び2010年より[.que]名義で本格的に活動を開始。 新たなる『日本』から発信される才能、フォークトロニカの新星として活動初期より注目され、一聴して伝わるメロディー、美しい楽曲は世界中から大きな賞賛を浴びている。

近年ではインストゥルメンタル作品のみならず、作詞作曲編曲のすべてを手掛け、枠に捕われない自身の音楽性を発揮。作品のみならずCM音楽、空間演出音楽も多く手掛け、その他楽曲提供やリミックスなど活動は多岐に渡り様々なコラボレーションを行っている。

ライブではフェスへの出演、海外アーティストとの共演、また海外ツアーも経験。バンドルーツを感じさせる楽曲、パフォーマンスに魅了される人も多く、さらなる活躍が期待される音楽家である。

常に「今、鳴らしたい音」を表現し続けている。

NEWS

最新の穏やかな音楽情報を知る

VIEW ALL →
  • 2024.04.11

    マカオ在住の音楽家・Akitsugu Fukushima、「Boy 1 EP」を配信リリース。マスタリングはKASHIWA Daisuke

  • 2024.04.07

    [訃報]サウンドアーティスト・sawakoさん死去

  • 2024.04.05

    Tomotsugu Nakamura主宰のアート&アンビエントレーベルTEINEI、4/8にDOMMUNEで特集番組配信

  • 2024.04.01

    劇伴制作や楽曲提供で活躍の谷口尚久、アルバム「UNIT2」を配信リリース

MAGAZINE

音楽と生活の新しい接点に出会う

VIEW ALL →
  • PROJECT 5

    2024.03.05

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    音にはドラマがある。歴史ある建物や焙煎の音を、アンビエント音楽へ。FM京都『音の縁側』の制作背景

    フィールドレコーディングの音で巡る、京都モダン建築と喫茶の空間。

  • PROJECT 4

    2024.02.23

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエント」を通して、社会を捉え直す。7日連続で開催した『MIMINOIMI -Ambient / Week-』を振り返る

    「アンビエントとは何か?」を多角的に問い直した音楽イベントの企画背景を伺った

  • COLUMN 1

    2024.01.16

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    ベルリンでも一般化が進むアンビエントシーン。Midori Hiranoおすすめイベント・アーティスト紹介

    テクノ・電子音楽の聖地であるベルリンでも、アンビエントやドローンのイベントが増えている

DISC GUIDE

気分に合わせて新しい音楽を探す

VIEW ALL →
  • MERCURIC DANCE

    細野晴臣

    実は茶の湯も五行思想の世界なんですよ。お茶は木というか葉っぱですよね。

    四倉由公彦

  • bot box boxes

    宇波拓

    意識して立てる物音というは、音楽と音楽じゃないもの、パフォーマンスとそうでないものの臨界点にあると思っていて。

    Yama Yuki

  • Disengage

    Jim O'Rourke

    「この音楽を聴きたいから聴く」という作品。なんだけど、アンビエント感もあるんですよ。

    kentaro nagata

  • Field

    Shuttle358

    とにかく音色の耳障りがよくて好きですね。あと音のグリッド間隔というか、リズム的な配置も絶妙なバランスなんです。

    FeLid

ABOUT

生活風景に
穏やかな音楽を

『Ucuuu』は、穏やかな音楽のある生活風景を紹介するAmbient Lifescape Magazine(アンビエント・ライフスケープ・マガジン)です。

アンビエント、エレクトロニカ、インストゥルメンタル、アコースティックギターやピアノなど、「穏やかな音楽」は日常にBGMのように存在しています。

木漏れ日のように、日常に当たり前のようにありながらも強く認識はせず、でも視線を向けると美しさに心癒されるような「穏やかな音楽」の魅力を多面的に発信しています。

VIEW MORE →